飛行機での足のむくみ解消にオススメの着圧ソックス3選

飛行機に長時間のっていると足がむくんで痛い、だるいといった悩みはありませんか?そんな足のむくみには実は着圧ソックスを履けばむくみ知らずになれるんです。中でも人気の着圧ソックスというのが・・
MENU

飛行機での足のむくみ解消@オススメの着圧ソックス3選

このサイトでは飛行機での足のむくみを解消できる着圧ソックスについて詳しくかいています。

あなたは飛行機にのるたびに足のむくみに悩まされていませんか?
でもあの狭い座席ではどうしようもないし目的地到着まで我慢するしかないと思っていませんか?
長時間足のむくみ、痛み、だるさを我慢しているのははっきりいって体にも良くありません。

 

ですが大丈夫です。
今ではそんな飛行機での足のむくみを解消できるグッズがあるので今回は一番効果の高いものをご紹介していこうと思います。

 

 

エクスレッグスリマー

 

 

着圧ソックス1位 エクスレッグスリマーの特徴

 

エクスレッグスリマーの特徴は、

 

  • 足のつぼを刺激してくれる
  • 加圧式脂肪燃焼効果
  • むくみやセルライトに効果あり
  • 老廃物排出効果
  • 原材料はすべて日本製

といった感じです。

 

価格 機内での寒さ対策 評価
3960円 ももまであるのでかなり暖かい 飛行機 足むくみ 解消

 

着圧ソックス1位 エクスレッグスリマーの総評

エクスレッグスリマーはただ締め付けがきついだけの着圧ソックスではありません。
ふとももから足の先までのツボを刺激して血流アップするように編みこまれています。
同時に足のリンパ節を刺激してくれるので老廃物も排出してくれます。

 

足の70%部分を加圧することで長時間飛行機に乗っていても足に老廃物がたまらなくなるので疲れもでにくくなっています。
睡眠用の着圧ソックスなので履いたまま機内で寝る事もできます。

 

やくそく庵

 

着圧 ストッキング ひざ下 

着圧ソックス2位 やくそく庵の特徴

 

やくそく庵の特徴は、

 

  • ひざ下タイプの種類が豊富
  • 価格も他のメーカーと比べるとお手頃
  • 圧力の強さも、弱、中、強と3種類ある
  • 医療用ストッキングと同じ編み方なので安定した圧迫圧
  • 原材料はすべて日本製

といった感じです。

 

価格 機内での寒さたいさく 評価
2700円 〜 指先からしっかり暖か 飛行機 足むくみ 解消

 

着圧ソックス2位 やくそく庵の総評

ストッキングの原材料は全て日本製で作られています。
医療用のものと同じ網方をしているので足に均等に圧を感じることができます。

 

ふくらはぎのむくみをしっかり取りたい人にピッタリ。
着圧も弱、中、強と3タイプから選べるので飛行機に乗る時間に合わせて圧を変えれるのも特徴です。
飛行機の椅子が苦手でいつもだるい思いを我慢している人は強がオススメです。

 

レッグドレナージュ

 

着圧 ストッキング ひざ下 

着圧ストッキング ひざ下3位 レッグドレナージュの特徴

 

レッグドレーナージュの特徴は、

 

  • 遠赤外線で脚があったかい
  • 生地が薄く、年間と通じて使用できる
  • 蒸れにくい素材なので夏場でも汗に強い
  • サイズはS,M、Lの3種類

 

といった感じです。

 

価格 機内での寒さ対策 評価
5500円 遠赤外線効果でかなり暖か 飛行機 足むくみ 解消

 

着圧ソックス3位 レッグドレナージュの総評

遠赤外線で脚がぽかぽかと暖かくなるのがレッグドレナージュの特徴になります。
他の着圧ソックスに比べると一番寒さ対策には特化しています。
寒い飛行機内でも遠赤外線がつま先からふくらはぎをポカポカと暖めてくれます。

 

他の着圧ソックスと比べると価格がやや高くなってしまいますが、良いものを長く使っていきたいという方にはオススメです。

 

私が一番オススメなのは1位のエクスレッグスリマーです。

ここまで、着圧ソックスを3つご紹介してきましたが、私が一番おすすめなのは、やっぱりエクスレッグスリマーです。
着圧ソックス
エクスレッグスリマーは睡眠時用の着圧ソックスです。
飛行機内だけでなく旅行中の足の疲れもエクスレッグスリマーを履いて寝ればむくみや老廃物がとれるます。
旅行中でも大活躍しますが、普段使いでも使えるので365日無駄なく使える着圧ソックスなのでコスパもとてもいいです。

 

編みこみや使っている素材も質のいいものを使っている割には価格は安めというのもうれしいです。

 

飛行機での足のむくみ対策、価格、着圧レベル、口コミの評価などトータルで考えるなら、エクスレッグスリマーがダントツで1位です!

 

このページの先頭へ